診療案内|高槻市の胃腸内科|胃潰瘍・食道がん・胃がん

MOBILE SITE 森口胃腸科内科クリニックモバイルサイトQRコード
TOP»  診療案内

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は、スコープを口から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。消化器系がんの発見には欠かせない検査で、早期発見のがんであれば内視鏡的治療で治すことができます。

当クリニックでは、最新のOLYMPUS社の内視鏡を導入しており、通常使用するスコープ(Q260:9mm)に加え、極細の経鼻用スコープ(XP260-N:5.5mm)を口から挿入することで苦痛を軽減しております。また、ご希望の方には鎮静剤を投与し、寝ている間に検査をおこなうことも可能です。通常4~5分と短時間で終わる検査です。

対象疾患
食道
食道がん、食道炎、食道静脈瘤など
胃がん、胃潰瘍、慢性胃炎、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍など
十二指腸
十二指腸がん、十二指腸潰瘍など
料金案内

【健康保険で3割負担の方の場合】
初診料、内視鏡検査に必要な薬剤、血液検査として:2,000円~3,500円
内視鏡検査(検査のみ):約4,000円
内視鏡検査(細胞検査をおこなった場合):上記に加えて5,000円

※合計6,000円~12,500円となります。検査の結果によりお薬を処方させていただく場合もありますので、15,000円程度ご用意ください。

※状況により異なる場合がございます。ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

▲ページのTOPへ

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、腸管洗浄薬(腸をきれいにする薬)を服用し、腸内をきれいにした後、大腸ファイバーを肛門から挿入し、大腸(直腸・結腸・盲腸)を観察する検査です。検査中に病変が発見された場合、腫瘍性のものや早期がんであれば、その場で切除をおこなうことも可能です。検査と同時に治療(手術)することができる検査です。

スコープには最新の硬度可変式ファイバー「PCF-Q260AI:11.3mm」に加え、日本で最も細いファイバー「PCF-PQ260I:9.2mm」を西日本で最初に導入しました。鎮静剤も注射をいたしますので、楽に検査を受けていただけます。通常15分程度で終わる検査ですが、ポリープ切除には多少時間がかかることもあります。

対象疾患

大腸がん、大腸炎、大腸ポリープなど

料金案内

【健康保険で3割負担の方の場合】
初診料、内視鏡検査に必要な薬剤、血液検査として:2,500円~4,000円
内視鏡検査(検査のみ):約5,000円
内視鏡検査(細胞検査をおこなった場合):上記に加えて5,000円~12,000円
(細胞検査をおこなった場所、個数などによって異なります。)

※ほとんどの方で、7,500円~15,000円程度となります。

※大腸のポリープ切除をおこなった場合は、25,000円~30,000円程度必要となりますので、ポリープ切除の説明を受けられた方は検査当日にご用意ください。

※2割負担の方は上記の2/3、1割負担の方は1/3程度のご負担とお考えください。

※状況により異なる場合がございます。ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

▲ページのTOPへ

内視鏡日帰り手術

大腸ポリープの手術方法は、大腸内視鏡検査と同様に腸管洗浄薬(腸をきれいにする薬)を服用し、腸内をきれいにした後、大腸ファイバーを肛門から挿入し、ポリープを切除します。挿入時に内視鏡から金属のワイヤーを輪にした電気メスの「スネアー」を出してポリープにかけ、ゆっくり締めつけると共に通電し、焼き切ります。

ポリープ切除は日帰り手術が可能なため、「精神的・時間的・金銭的負担」が少ない手術です。

大腸ポリープは腫瘍性のものが多く、放置しておくと次第に大きくなります。大きくなるにつれて、がん化する確率が高くなり、大腸がんを引き起こします。そのため、大腸のポリープは早期発見、早期切除が求められます。

内視鏡によるポリープ切除
  • 内視鏡によるポリープ切除

    ポリープに針金の輪(スネアー)をかけます。

  • →
  • 内視鏡によるポリープ切除

    スネアーでポリープの根元を締めつけます。

  • →
  • 内視鏡によるポリープ切除

    スネアーに通電して焼き、切除します。

料金案内

【健康保険で2割負担の方の場合】
一カ所:14,000円

【健康保険で3割負担の方の場合】
一カ所:21,000円

※場所の数が増えると、一カ所について1,800~2,700円追加

※静脈麻酔を併用した場合には、更に1,200~1,800円追加

※状況により異なる場合がございます。ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

▲ページのTOPへ

腹部超音波検査

大腸内視鏡検査

超音波検査は、体にゼリーを塗り、超音波を発生・送信するブローブと呼ばれる装置で、体をなぞるだけの簡単な検査になります。
もちろん痛みや危険性もなく、空腹時であればすぐに検査が受けられ、時間も通常5分程度と短時間で済みます。
肝臓・胆のう・すい臓・腎臓・脾臓の大きさ、形、内部の状態を見る検査になり、特に脂肪肝や胆石はよくわかります。
当クリニックでは東芝の超音波診断システムを使用し、より鮮明な画像を見ることができます。

対象疾患

脂肪肝、胆石、肝のう胞、肝血管腫、胆のうポリープ、腎のう胞、腎結石などの良性疾患、肝臓がん、胆のうがん、腎がん、膵がんなど悪性腫瘍性病変

料金案内

【健康保険で3割負担の方の場合】
2,000円前後

※状況により異なる場合がございます。ご不明な点がございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

▲ページのTOPへ

内科診療

内科診療

内科診療もあわせておこなっております。『心電図』や『レントゲン』などの設備も完備し、万全の体制を整えてあります。また感染症や炎症を発見する『血算CPR測定器』も備えてあり、迅速な対応が可能です。

内科診療内容

高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病、不整脈・狭心症などの循環器疾患、胃潰瘍・肝炎などの消化器疾患・肺炎・気管支喘息などの呼吸器疾患

▲ページのTOPへ