設備紹介|高槻市の胃腸内科|胃がん・大腸がんなど

MOBILE SITE 森口胃腸科内科クリニックモバイルサイトQRコード
TOP»  設備紹介

最先端の内視鏡システムで、早期発見・早期治療を

最先端の内視鏡システムで、早期発見・早期治療を

胃がんや大腸がんなどの発見・治療に最も効果的な検査が、内視鏡(胃カメラ・大腸ファイバー)です。当クリニックでは最先端のOLYMPUS社製の内視鏡システムLUCERAを導入しており、微小ながんまで発見し、治療にあたっています。
大腸ポリープ切除など、日帰り手術もおこなっております。

経鼻用ファイバー
経鼻用ファイバー

5.5mmと極細のため、通常は鼻から挿入することができますが、当クリニックでは口から挿入し、苦痛を軽減しております。

ポリープ焼却装置
ポリープ焼却装置

電気メスメーカーの中でも世界トップクラスのERBE社(ドイツ)の装置です。ポリープ切除などの内視鏡手術を、安全かつ効率的におこなう装置です。

▲ページのTOPへ

安心して診療を受けていただけるよう、器具の衛生管理を徹底

安心して診療を受けていただけるよう、器具の衛生管理を徹底

『OER-2』は“過酢酸系消毒液”による優れた殺菌効果で消毒をおこないます。過酢酸系消毒液は高い消毒効果を持っていますが、毒性は低く、アレルギーの発症もありませんので、安心して検査を受けていただくことができます。

オートクレープ(全自動高圧蒸気滅菌器)
オートクレープ(全自動高圧蒸気滅菌器)

院内で使用される医療器具に付着する全ての微生物を完全に除去、あるいは殺滅しておりますので、安心して治療をお受けいただけます。

超音波洗浄器
超音波洗浄器

超音波の振動で洗浄液の中に気泡を発生させ、この気泡がはじける衝撃波で汚れを落とす装置です。ブラシや水流では届かない、隠れた汚れを取り除く、精密洗浄装置です。

▲ページのTOPへ

超音波で痛みのない、体にやさしい診断システム

超音波で痛みのない、体にやさしい診断システム

東芝製の最新の超音波診断システムです。

腹部超音波検査に使用する機械です。
超音波検査は、超音波を発生・送信するプローブと呼ばれる装置を体になぞるだけの痛みのない簡単な検査です。
対象疾患は、肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓などの器官で、所要時間は5分と短時間で済みます。

▲ページのTOPへ

電子カルテの導入で、撮影から診断をスピーディーに

電子カルテの導入で、撮影から診断をスピーディーに

レントゲン写真、心電図、エコー写真、内視鏡写真、などの画像をモニターに表示し、必要に応じて拡大表示したり、過去と現在の画像を比較表示します。
血液検査データなどをグラフ表示しますと病気の変化の状態、即ち良くなったか悪くなったかが一目瞭然にわかり、病状の説明に威力を発揮します。

患者さんと一緒にそれを見ながら病状や治療方法の説明や生活指導のアドバイスなどをおこなっています。

▲ページのTOPへ

当院では、安全な内視鏡検査をおこなっております

内視鏡検査時は一見痛みがなくても、神経反射により血液内の酸素濃度が落ちたり、脈拍異常や血圧低下が起こったりします。 このため、検査中は苦痛がないことだけではなく、こういった変化がないようにモニターで監視しながら、内視鏡を操作しております。

内視鏡検査モニター
内視鏡検査モニター

安全に内視鏡検査をおこなうために、血圧や脈拍、血液内の酸素濃度をモニターで管理しています。

全自動血球計数器
全自動血球計数器

血液を調べるための機械です。白血球数・赤血球数・ヘマトクリット・血小板数などを調べます。

▲ページのTOPへ