内視鏡センター|高槻市の胃腸内科|LUCERA導入

MOBILE SITE 森口胃腸科内科クリニックモバイルサイトQRコード
TOP»  内視鏡センター

胃や大腸の病気を発見するために欠かせない検査が、内視鏡検査です。当クリニックには、内視鏡の検査をおこなうための内視鏡センターを設けております。

OLYMPUS社製の最新内視鏡システム(LUCERA)を導入し、最先端の機器と確かな技術で検査にあたっています。

主に食道、胃、十二指腸、および大腸など、消化器系の診断・治療をおこなっております。

内視鏡センター 内視鏡センター

内視鏡センターの3つのポイント

ポイント1.  充実した最先端の内視鏡医療機器を完備

当院では、OLYMPUS社製の最新内視鏡システム(LUCERA)を導入。

通常使用するスコープ(Q260:9mm)に加え、極細ファイバー(XP260-N:5.5mm)を使用しています。希望される方には鎮静剤を使用し、眠った状態で検査ができます。検査後には、撮影した画像をご覧いただき、詳しくご説明いたします。

ポイント2.  年間症例数が3000件以上の経験豊富な医師が担当

日本消化器内視鏡学会専門医・日本消化器病学会専門医による大学病院と同等の最先端・最高水準の診断・治療。

ポイント3.  検査後にはリカバリールームをご用意

施術後もくつろげるリカバリールームには全室液晶テレビ・電動リクライニングチェア完備。

▲ページのTOPへ

内視鏡室

内視鏡システム

内視鏡システム

胃や大腸の病気を発見するために欠かせない検査が、内視鏡検査です。当クリニックではOLYMPUS社製の最新内視鏡システム(LUCERA)を導入し、最先端の機器と確かな技術で検査にあたっています。

『苦痛のない内視鏡検査』をモットーに、希望される方には鎮静剤を使用し、眠った状態で検査ができます。

検査後には、撮影した画像をご覧いただき、詳しくご説明致します。

医療最前線 極細スコープで、苦痛を軽減。安心して検査を受けることができます。 医療最前線 極細スコープで、苦痛を軽減。安心して検査を受けることができます。

当クリニックでは通常の太さのスコープ(Q260:9mm)に加え、極細の経鼻用スコープ(XP260-N:5.5mm)がございます。
鼻から挿入できるほど細い経鼻用スコープを口から挿入することで苦痛を軽減しています。

詳しくはこちら >>

衛生管理設備

衛生管理設備

内視鏡検査をおこなう際に気をつけなければいけない重要項目のひとつに、衛生面があげられます。
当クリニックでは最新の内視鏡洗浄消毒装置(OLYMPUS OER-2)を使い、血液や分泌物などの目に見える汚れだけでなく、目に見えない病原性微生物を徹底除去し、洗浄をおこなっております。
内視鏡洗浄に十分な時間をかけることで、ウィルスや細菌を完全に滅菌、消毒しておりますので、安全な検査を受けることができます。

衛生管理設備
衛生管理設備

▲ページのTOPへ

リカバリールーム

リカバリールーム

内視鏡センターは、単に検査をおこなうためだけのものではありません。
当院では、患者様が心身ともにリラックスしていただけるようリカバリールームを完備しておりますので、まわりを気にすることなく休んでいただけます。

  • リカバリールーム
  • リカバリールーム
  • リカバリールーム

▲ページのTOPへ